「優しさ目標意識」の特徴

注意:
この診断は「適性分析による自己理解」に興味を持つための、一番簡単な診断の一つです。人によっては、正確な診断結果が出ない場合もあります。楽しむためのものなので、参考程度にしてください。

より正確な診断または相談に関しては高さんにお問合せください。

「優しさ目標意識」の特徴

「優しさ」タイプの中では、最も活動的なのが「優しさ目標意識」です。 それでも「優しさ」が多い人なので、目立って活動的ではありません。他の「優しさ」と同じく一緒に過ごすのが無難だし、グループの卓越したリーダーになることもあります。適切な訓練を受ければ有能な現場監督や副社長、会計士、教育家、企画家、そしてほぼすべての建築分野で働くことが出来る。「優しさ」は傾聴する能力があり、他人に真の関心を示すため、良いカウンセラーの資質がある。強い忍耐心を持っているため、他のカウンセラーから慰められていない患者を助けたりも出来る。柔らかい態度をとり,人を脅すようなことは絶対にしない。

「優しさ目標意識」が他の人のため奉仕をすることはあまりないが、自分が責任者である、組織的なオフィスでは最高レベルの専門家である。「優しさ目標意識」のアドバイスは実際的で有益だ。 いつも正しいことだけをする人だが、なかなか決まった型から外れたりしない。

「優しさ目標意識」の弱点

「優しさ目標意識」は、一見、弱点はないように見えるが、家庭で徐々にその姿の現す。他の「優しさ」と同じく足りないのがなくて、恐怖心が現れている。 しかも、頑なに意地を張って意志を曲げれない。人々にはそれに応じないが、反抗したり非協力的に出る。

「優しさ目標意識」は争ったり、デモはしない。 しかし、彼らの隠れた怒りと頑固さが、しばしば沈黙として表出される。 よくしゃべる妻を持つ「優しさ目標意識」はこのように言った。 「ついに妻の扱い方が分かりました!」。どんな方法かという質問にこう答える。 「沈黙です!」 5日間一言も言わなかったです。 妻はそれを耐えることができません!”。 私は彼に胃病に悩まされる最も確実な道を選んだのだと警告した。

「優しさ目標意識」はしばしば「作業場」及び「巣」に退いて、一人で静かに時間を過ごす。 毎晩、テレビの中にのめり込むこともある。 ただでさえ利己的だと言えるほど、座っていることが好きな人が、年を取るにつれてますます受動的になっていく。 自分自身は楽に長く生きる可能性が高いが、家族の必要と関心も考えなければならない。 そして積極的な人になろうと労力しなければならない。

「優しさ目標意識」の男性の妻は、家長の役割に嫌気がした旦那の受動性を受け入れて、子どものしつけのような家事を世話すれば、長く幸せな結婚生活を営むことができる。

「優しさ目標意識」の強み

「優しさ目標意識」のモチベーション

適性コンサルに興味がりますか
高さんの適性コンサル案内