「優しさ鋭さ」タイプ

注意:
簡単な診断なので、正確な診断結果は期待できません。
楽しむ目的なので、傾向性などに軽く参考してください。より正確な判断には、高い水準の複数の診断、および面談が必要になります。

「優しさ鋭さ」の特徴

すべてのタイプの中で、最も上品で、柔軟な態度をもって、静かな人です。めったに怒ったり、敵対心を抱いたりせず、後で謝る可能性があることなら、最初から言わないですね。そもそも、口数が少ないし。自ら苦境に招いたり、他の人を困らせたりせず、いつも適切な行動をとります。また、素朴な装いをして、信頼できて、正確であります。

「優しさ鋭さ」の強み

「優しさ鋭さ」は慈悲を施して、人を助ける方面に才能がある。 社会生活を始めると、一緒に働く仲間たちの必要をよく察するようになる。

このタイプの人は、端正で組織的な仕事をしている。 写真撮影と出力、リスト作成と分析、レイアウト、広告、易學、教育、製薬、歯学、時計製作、大工(働く速度が遅いため個別作業はほとんど引き受けない)、ガラス細工、上張りやペイント塗り、その他細かさと忍耐が必要な作業をうまくこなす

「鋭さ優しさ」は「優しさ」らしく、家事が出来て、余力がある限り家のあちこちを修理する。

「優しさ鋭さ」の弱点

弱点を見ると、「優しさ鋭さ」の父親は、子どもが生産的で節制できる大人になるために必要な懲戒を疎かにする傾向がある。 なかなか認められない事実ですが、子どもが成長するにつれ親に口答えし、従順でないことを放置する受動的な父親は、不合理な懲戒で子どもの恨みを買う独裁者の親同様に、子どもたちを怒らせるものです。

「優しさ鋭さ」の男性の妻が夫の受動的な性向を把握し、彼が家長の役割を果たすように機転を利かせて待ってくれれば、二人は幸せな家庭と夫婦関係をもつことができるでしょう。

「優しさ鋭さ」の他の弱点は恐怖と利己心、ネガティブなな考え方、批判、健全な自我像の欠乏から出ます。 相談で会った、ある「優しさ鋭さ」は、大きな事業機会を活用することを恐れていることが明確に分かったといった。 彼の話を聞くと、彼は卓越した実力で最善を尽くしながらも、自分の才能を捨て値で売ってきた「優しさ鋭さ」だということが分かった。

「優しさ鋭さ」のモチベーション

ほとんどの「優しさ鋭さ」はなんらかの活動に参加することに抵抗感がある。はまり過ぎたり、巻き込まれたりしたらどうしようという恐怖心があり、何事もほぼ自動的に拒否する。 内面的に動機を付けるのが難しい気質なので、手に負えないほどの責任や役割を引き受ける必要がある。 そのような外から刺激をうけて、より大きなことを成し遂げることができるだろう。 全ての「優しさ」は緊張感の中でもよく働く。しかし、その緊張は外部から与えられるべきであります。

「優しさ鋭さ」は体を鍛えるのに特に気を使わなければならない。 新たな活力を得ることになるでしょう。

適性コンサルに興味がりますか
高さんの適性コンサル案内